田中功起 映像上映
『可傷的な歴史(ロードムービー)』

2021.2.11木- 14日
一般2,000円 学生1,000円 当日各+500円

https://askyoto.or.jp/e9/ticket/20210211

世界中でこれほどまでに排外主義が表面化すると誰が予想していたであろう。異なる人びとが「いかに共に生きるか」という問いは空しいものになってしまったのだろうか。
東京に暮らす在日コリアン3世とチューリッヒから来た日系スイス人の二人が荒川や川崎を旅し、在日コリアン排斥の過去と現在に出会う。関東大震災後の虐殺の現場やヘイトスピーチの行われた地域を移動しながら関連する法律を読み上げ、その過程で二人は少しずつ心を開き、いままで語れなかった感情を言葉にしていく。私たちはどのようにして誰かを理解するのだろうか。誰かの複雑さを、どのように受け止めることができるのだろうか。現実とフィクションが交差する拡張されたドキュメンタリー。

主催 THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)

2月11日(祝木)   11:00/14:00/17:00★
2月12日(金)       14:00/17:00/19:30
2月13日(土)         14:00/17:00/19:30
2月14日(日)   11:00/14:00★

アフタートーク
2月11日(祝木) 17:00
ゲスト
木ノ戸昌幸 氏(NPO法人スウィング)
久保田テツ 氏(NPO remo[記録と表現とメディアのための組織])
やんそる 氏(Books × Coffee Sol. 店主)

2月14日(日) 14:00
ゲスト
ハン・トンヒョン 氏(本作プロジェクトアドバイザー・レクチャラー/日本映画大学)

映像でつづる東九条2020-2021 関連企画

Event Details